2018年09月18日

9月第3週時事問題

 9月第3週の時事問題です。

□10日
 岐阜市の養豚場で、死んだ豚から豚コレラウイルスの陽性反応が出た問題で、岐阜県は発生した養豚場で飼育されていたすべての豚の殺処分を終えた。

□10日
 内閣府が発表した2018年4〜6月期の国内総生産改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.7%増、この成長ペースが1年続いた場合の年率換算では3.0%増となった。企業の設備投資の好調を受け、速報値から上方修正された。プラス成長は2四半期ぶり。

□11日
 安倍晋三首相はロシア・ウラジオストクでプーチン大統領と約2時間半会談した。北方四島での共同経済活動をめぐり優先的に取り組む5項目について、具体的な内容や進め方を示した「ロードマップ(行程表)」を承認。詰めの作業を行うため、10月初めに官民調査団を現地に派遣することも決めた。5項目は▽海産物養殖▽温室野菜栽培▽観光▽風力発電▽ごみ減量対策。

□12日
 厚生労働省が公表した2017年の国民健康・栄養調査で、成人男性の喫煙率が初めて3割を切り、29.4%となったことがわかった。女性は7.2%、成人全体では17.7%で、いずれも調査が始まった1986年以降、過去最低となった。

□13日
 東京工業大は来春以降に入学する学部生と大学院生を対象に、年間授業料を9万9600円値上げして63万5400円にすると発表した。国立大の授業料は文部科学省が示す標準額を参考に独自に決められるが、学部ではすべての国立大が標準額としている。学部の値上げは東工大が初めて。

□14日
 人々を笑わせ、考えさせた研究に贈られる今年のイグ・ノーベル賞の発表が、米ハーバード大であった。座った姿勢で大腸の内視鏡検査を受けると苦痛が少ないことを自ら試した堀内朗医師が、医学教育賞を受けた。日本人の受賞はこれで12年連続となった。

□14日
 厚生労働省は、全国の100歳以上の高齢者が昨年より2014人多い6万9785人に上ると発表した。人口10万人当たりの100歳以上の高齢者数は全国で55.08人。都道府県別では、島根が6年連続で最多の101.02人で、鳥取の97.88人、高知の96.50人が続く。国内最高齢は、女性が福岡市の田中カ子さんで115歳。男性は北海道足寄町の野中正造さんで113歳。

□16日
 総務省は、65歳以上の高齢者の推計人口を公表した。人口減少が進むなか、高齢者は前年同期を44万人上回る3557万人となり、総人口に占める割合は28.1%と過去最高を更新した。70歳以上は2618万人に上り、全体に占める割合は初めて20%を超えて20.7%となった。

□16日
 主要20か国・地域(G20)の貿易・投資相会合が開かれ、全会一致の閣僚声明を採択した。声明は、貿易摩擦の回避に向け、「対話や行動を強化する必要性」を確認した。昨年、独ハンブルクで開かれたG20首脳会議で採択された「保護主義と闘う」との文言は盛り込まれなかった。

エデュコムのサイトはこちら

「成績アップのための学習法」を応援していただける方は。下の2つのボタンをクリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ


高校受験 ブログランキングへ
posted by test at 14:31| Comment(0) | 時事問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: