2018年10月15日

10月第2週時事問題

 10月第2週の時事問題です。

□8日
 スウェーデン王立科学アカデミーは、2018年のノーベル経済学賞をエール大学のウィリアム・ノードハウス氏およびニューヨーク大学スターン経営大学院のポール・ローマー氏に授与すると発表した。持続可能性のある成長をいかに生み出すかという、現代の最も基本的でありながら差し迫った問題に取り組んだと評した。

□8日
 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、地球温暖化の影響で早ければ2030年にも産業革命前からの平均気温上昇が1.5度に達し、サンゴ礁の大部分が死滅するなど地球環境の悪化が進むと予測した特別報告書を公表した。

□9日
 経団連は、現在大学2年生である2021年春入社以降の新卒者を対象とする就職・採用活動のルールを策定しないことを正式に決めた。1953年に始まった「就職協定」以来の就職・採用活動の「目安」はいったん廃止。政府主導で新たな方式作りを行う。

□10日
 女子の4年制大学進学率が男子より低いのは全国で45道府県にのぼり、男子と最大で約16ポイントの格差があることがわかった。今春、女子の大学進学率も初めて5割に達したものの、男子より約6ポイント低く、女子のほうが高い傾向にある経済協力開発機構(OECD)諸国の中で際立っている。

□10日
 米国が昨年12月、西部ネバダ州で核爆発を伴わない臨界前核実験を行っていたことが米エネルギー省国家核安全保障局(NNSA)の報告書で明らかになった。臨界前核実験は1997年に始まって以来28回目で、トランプ政権下では初めて。

□11日
 ロシアの宇宙船「ソユーズ」が打ち上げに失敗した。搭乗していたロシアとアメリカの宇宙飛行士あわせて2人は緊急脱出し無事だった。

エデュコムのサイトはこちら

「成績アップのための学習法」を応援していただける方は。下の2つのボタンをクリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ


高校受験 ブログランキングへ
posted by test at 16:02| Comment(0) | 時事問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: