2018年10月29日

10月第4週時事問題

 秋晴れが続き,いい季節となりましたね。
 では,10月第4週の時事問題です。

□22日
 中央省庁の障害者雇用水増し問題を調査した第三者検証委員会は、2017年6月1日時点で、不正に3700人を障害者として計上していたとする報告書を発表した。

□22日
 第197臨時国会が召集され、安倍晋三首相の所信表明演説が衆参各本会議で行われた。首相は来年10月の消費税率10%への引き上げに向け「経済に影響を及ぼさないようにあらゆる施策を総動員する」と表明。増税分から財源を振り分けて幼児・高等教育無償化を実現することなどを通じ、「全ての世代が安心できる社会保障制度」に改革する意欲を示した。

□24日
 文化庁は、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に推薦している「男鹿のナマハゲ」など「来訪神(らいほうしん) 仮面・仮装の神々」について、事前審査をしていた評価機関が「登録」を勧告したと発表した。

□25日
 米国で、パイプ爆弾がバラク・オバマ前大統領とヒラリー・クリントン元国務長官を含む民主党の著名政治家やCNNテレビ支局に相次いで送付された。

□25日
 安倍晋三首相北京入りし、日中平和友好条約締結40周年記念の歓迎行事であいさつし、対中政府開発援助(ODA)について「今や中国は世界第2位の経済大国へと発展し、その歴史的使命を終えた」と述べ、今年度の新規案件をもって終了する意向を表明した。

□25日
 内戦下のシリアで平成27年6月に武装勢力に拘束され、約3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリストの安田純平さんがトルコから帰国した。

□26日
 北大西洋条約機構(NATO)は、ノルウェーや北大西洋、バルト海周辺で大規模合同軍事演習「トライデント・ジャンクチャー」を開始した。加盟29カ国と非加盟のフィンランド、スウェーデンから兵士約5万人が参加。冷戦後では最大規模の演習となる。

□26日
 競売大手クリスティーズのオークションで、コンピューターのアルゴリズムによって制作された肖像画が43万2500ドル(約4900万円)で落札された。人工知能(AI)による芸術作品が大手のオークションで落札されたのは今回が初めて。

□27日
 四国電力は伊方原発3号機の原子炉を起動し、再稼働させた。伊方3号機の稼働は定期検査に入った2017年10月以来で、約1年1カ月ぶり。

エデュコムのサイトはこちら

「成績アップのための学習法」を応援していただける方は。下の2つのボタンをクリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ


高校受験 ブログランキングへ
posted by test at 09:29| Comment(0) | 時事問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: