2018年11月19日

11月第3週時事問題

 寒くなってきましたね。
 例年より遅いようですが初雪の便りも届き始めました。
 では,11月第3週の時事問題です。

□13日
 国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相に授与していた人権賞を撤回すると発表した。イスラム教徒少数民族ロヒンギャに対する迫害やメディア弾圧を阻止しなかったことに「大いに失望した」と批判した。

□13日
 国際天文学連合は、日米のアマチュア天文家3人が見つけた彗星を「マックホルツ・藤川・岩本彗星」と名付けた。日本人による彗星発見は5年ぶり。

□13日
 米大リーグは、今季のア・リーグ最優秀新人(新人王)にエンゼルの大谷翔平選手を選出したと発表した。2位以下に大差をつける“圧勝”だった。

□14日
 パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスなどは、ガザ攻撃を激化させていたイスラエルとの停戦で合意したと表明した。

□14日
 内閣府が発表した2018年7〜9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.3%減、年率換算で1.2%減と2四半期ぶりにマイナスとなった。西日本豪雨や北海道での地震の影響などで、輸出や個人消費が低迷したのが要因。

□15日
 英政府は1、欧州連合(EU)離脱交渉で暫定合意に達したことを受けて開いた臨時閣議で離脱協定案を承認した。

□15日
 四国電力伊方原発3号機は安全性が不十分だとして、同県の住民が運転差し止めを求めた仮処分の即時抗告審で、高松高裁は住民側の申請を却下した松山地裁の決定を支持し、即時抗告を棄却した。

□16日
 北方領土をめぐる日ロ交渉で、安倍晋三首相がプーチン大統領に対し、1956年の日ソ共同宣言に沿って歯舞群島、色丹島が日本に引き渡された後でも、日米安保条約に基づいて米軍基地を島に置くことはないと伝えていたことが分かった。

□18日
 日本や米国、中国など21カ国・地域が参加し、パプアニューギニアで開かれていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が閉幕した。会議では米中が互いの通商政策をめぐって対立し、首脳宣言の採択を断念する異例の事態となった。首脳宣言が採択されなかったのは、第1回の首脳会議が開かれた1993年以降で初めて。

エデュコムのサイトはこちら

「成績アップのための学習法」を応援していただける方は。下の2つのボタンをクリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ


高校受験 ブログランキングへ
posted by test at 10:00| Comment(0) | 時事問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: