2019年06月03日

5月第5週時事問題

 早いもので、水無月ですね。
 では、5月第5週時事問題です。

□27日
欧州連合(EU)の欧州議会選挙(定数751)は加盟全28カ国で投票を終了した。ポピュリズム(大衆迎合主義)的な政策を掲げる極右政党などの反EU勢力が伸長。主流である親EU勢力の中道右派・左派は初めて合計で過半数を割り込んだ。

□27日
東京・江戸川区の公園で無許可でドローンを飛ばしたとして、52歳の男性が航空法違反の疑いで逮捕された。航空法では、住宅密集地などで重さ200グラム以上のドローンの飛行は原則、禁止されている。

□28日
令和初の国賓として来日したトランプ米大統領夫妻を歓迎する天皇、皇后両陛下主催の宮中晩さん会が、皇居・宮殿で開かれた。天皇陛下は歓迎のあいさつで、「両国の国民が、これからも協力の幅を一層広げながら、揺るぎない絆を更に深め、希望にあふれる将来に向けて、世界の平和と繁栄に貢献していくことを切に願っております」と述べられた。

□29日
職場のパワーハラスメントの防止を企業に義務づける改正労働施策総合推進法が参院本会議で可決、成立した。初めてパワハラを定義し、上下関係を背景としたパワハラは許されないと明記する一方、罰則規定は見送られた。

□30日
白血病の治療で重要な細胞を大量に培養することに、東京大と米スタンフォード大などのチームがマウスで成功した。これまでは高価な培養液でもほとんど増やせなかったのが、市販の液体のりの成分で培養できたという。白血病などの画期的な治療法につながる可能性があり、専門家は「まさにコロンブスの卵だ」と驚いている。

□31日
トランプ米大統領は、メキシコ国境からの不法移民流入に同国が十分に対応していないとし、6月10日以降メキシコからの輸入品すべてに5%の関税を課し、移民の流入が止まるまで関税率を段階的に引き上げると表明した。

□6月1日
裁判員裁判などの事件で、全面的な取り調べの録音録画が6月1日から義務化される。取り調べの可視化は、刑事司法制度改革の一環として進められていたが、裁判員裁判の対象事件と検察の独自捜査事件について、取り調べの録音録画が義務化される。

□6月1日
潜水艇型の海中ロボットで測量した海底の地形図の正確さを競う国際レースの決勝で、日本財団が出資し、海上保安庁職員も参加した国際チームが優勝した。主催した米Xプライズ財団がモナコであった表彰式で発表した。準優勝は、日本の研究機関や企業でつくる「チームKUROSHIO(クロシオ)」。

エデュコムのサイトはこちら

「成績アップのための学習法」を応援していただける方は。下の2つのボタンをクリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ


高校受験 ブログランキングへ
posted by test at 12:37| Comment(0) | 時事問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: